, この項目ではダース・モールの宇宙船について記述しています。他の用法についてはシミターをご覧ください。, <シミター>、またの名をシス・インフィルトレーターは、ヤヴィンの戦いの32年前、ナブー侵略の際にシス・アプレンティス、ダース・モールの専用宇宙船として使用された試作型ステルス船である。, 邪悪なシスたちは、長い歴史にわたって自らの壮大な目的を達成するために、奇妙な実験的テクノロジーを利用し続けてきた。彼らはシス・インフィルトレーターとして知られる一連の恐ろしい宇宙戦闘機を愛用していたが、その特筆すべき能力は、目に見えなくなることである。ナブーの戦いのおよそ6ヶ月前、ダース・シディアスは来るべきジェダイとの戦いに備えていた弟子ダース・モールに、1機の素晴らしい性能を持った戦闘機を与えた。そして、モールはこの宇宙船を<シミター>と名付け、これをアミダラ女王に対する冷酷な追跡劇に使用したのだった。, ダース・モールのシス・インフィルトレーターの起源は謎に包まれている。だが、彼の死後、この戦闘機を押収して調査した旧共和国当局は、この船がレイス・シーナーおよびシーナー・デザイン・システムズ社における彼の実験施設と何らかの関係を持っていると信じていた。事実、SDS社のアドヴァンスト・プロジェクト研究所は、ナブーの戦いの直前にインフィルトレーターと極めてよく似た武装宇宙船を製造していたのだ。レイスはこの宇宙船との関係を一切否定していたが、<シミター>の曲型翼と球形コクピットが後にシーナー社のTIEファイター・シリーズに流用されているのも事実である。また、インフィルトレーターのイオン・ドライブも、後にシーナー社の船で使用される製品のプロトタイプだったことが判明しており、ハイパードライブにいたっては同社のSSDS 11-Aシステムを無加工で使用しているのだ。, インフィルトレーターの歴史は闇に消え去ったかもしれないが、それが残した遺産ははっきりとしている。この船は旧共和国がこれまでに遭遇した中で、最も複雑かつ不気味なものだった。<シミター>の不吉な評判はクローキング装置に起因していたが、これがインフィルトレーターほどの大きさの宇宙船に搭載されているのは極めて稀なことだった。このクローキング装置のエネルギー源は機体後方に設置された高価なスタイジアム・クリスタルだが、このクリスタルはアウター・リムの不安定な惑星エイテンIIでしか採掘されない貴重な物質である。このクローキング装置によって、ダース・モールは従来から存在するあらゆるセンサーに感知されることなく、銀河系のどこへでも移動することができたのだ。, 共和国の技術者たちによる解析が進むにつれて、この船は不愉快な驚きの宝庫であると認識されていった。例えば、隠されていた6基のレーザー・キャノンは、伸張すると同時に一瞬にして数発の光弾を発砲することができた。また、船内に入った最初の技術者が保安用のプローブ・ドロイドによって射殺されてしまったため、彼らは安全な船内探査を行うべく、ジェダイ・マスター、セイシー・ティンの力を借りなければならなかった。マスター・ティンは船内で広範囲におよぶシスの邪悪な装備品を数十個発見し、その中には監視ギヤ、爆弾、地雷、毒、拷問器具、尋問ドロイド等も含まれていた。さらに、船内の小型車庫にはモールのスピーダー・バイク<ブラッドフィン>も置かれていたが、不運にもこの宇宙船に搭載されたコンピューターは完全にデータが削除されており、ダース・モールやシスに関する新たな手掛かりは何一つとして発見されなかったのである。, その後、ティンはインフィルトレーターをジェダイ評議会の手で厳重に保管するべきだと主張したが、クワッティの元老院議員がこの戦闘機を研究したいと働きかけ、一時的にクワット・ドライブ・ヤード社の施設に移されることが決定された。しかし、インフィルトレーターは搬送される前にシードの秘密の格納庫から忽然と姿を消してしまう。ダース・シディアスの密使によって盗まれたのか、あるいはレイス・シーナーや他のライバル企業の手に渡ったのか、それとも安全な場所に隠すため秘密裏にジェダイによって持ち去られたのか、事実はすべて謎に包まれていた。しかし、<シミター>はパルパティーンが銀河帝国の皇帝として君臨している間、常に彼の管理下にあった。また、クローン大戦中にはダース・ティラナスが所有していたとも言われている。, , http://www.starwars.jp/wiki/index.php?title=ダース・モールの隠れ家&oldid=11841. ヤヴィンの戦いの32年前から20年前までのあるとき、ダース・モールは惑星 ロソ・マイナーへと向 … ダースモールのダブルブレードライトセーバーのおもちゃです。 単3電池4本でライトが付きます(柄から先端に光るようなエフェクトなどはありません) 音は鳴りません。 最大1.5mほどになり … google_ad_client = "pub-1926095632427637"; ダース・モールがダース・シディアスの弟子であった時代、シスは絶滅したと長く考えられていた。だがついに、ジェダイへの復讐譚が語られる時が来た! これは怒りの物語――憎むべきジェダイとの最初の戦いの火蓋が切って落とされる! ダース・モールは映画『エピソー … google_ad_width = 728; 1/10 artfx+ ダース・モール star wars コトブキヤ sw68 ロボット・特撮を通販で販売しています。 提供: スター・ウォーズの鉄人! この項目ではダース・モールの宇宙船について記述しています。他の用法についてはシミターをご覧ください。 Scimitar; 別名または別表記; 別名 Sith Infiltrator 製造に関する情報; 製造元 リパブリック・シーナー・システムズ社. コトブキヤ スター・ウォーズ ARTFX+ ダース・モール 1/10スケール PVC簡易組立キット. , ダース・モールの隠れ家は、惑星ロソ・マイナーの地下深くに位置する洞窟である。ヤヴィンの戦いのおよそ20年前、サヴァージ・オプレスは兄を探すため、この場所を訪れた。, ヤヴィンの戦いの32年前から20年前までのあるとき、ダース・モールは惑星ロソ・マイナーへと向かい、そこを棲家とした。隠遁生活を送っていたモールは精神を狂わせ、地元の伝説となったのである。一方、ドゥークー伯爵とアサージ・ヴェントレスの両者に裏切られた後、サヴァージ・オプレスはマザー・タルジンから受け取ったタリスマンと、この惑星に住んでいたアナコンダンのモーレイを使ってこの隠れ家を探し出した。この洞窟は非常に不快な状態であり、廃品や霧で満ちあふれていた。モールはトンネルの最深部に潜んでおり、大きな部屋の中の巨大な炎の脇で暮らしていたのだ。モールはモーレイによって連れてこられたジャンカーや他の生物たちを食料とし、その見返りとして「食べ残し」を彼に与えていたのである。オプレスもモーレイによって裏切られた後、洞窟へと落とされ、モールの棲家を発見したのだった。だが、オプレスの残骸を探しにきたモーレイは、ナイトブラザーによって絞殺され、その死体も炎の中に投げ込まれてしまった。その後、オプレスはモールがジェダイによって足を奪われたことを知り、タルジンによる癒しを受けさせるため、兄と共にダソミアへ帰還したのである。, , http://www.starwars.jp/wiki/index.php?title=<シミター>&oldid=4310. 通过爱买网在Yahoo! /* jsw */ google_ad_client = "ca-pub-1926095632427637"; google_ad_height = 600; 5つ星のうち4.5 35. 型式 重改良型スター・ … 歴史. 『スター・ウォーズ』 【スタチュー】 スパイダー・ダース・モール (完成品) star wars ホットトイズ、ジェントル・ジャイアント 606104 ロボット・特撮を通販で販売しています。 なりきりマスク ダースモールほかホビー, コスプレ・仮装, コスプレ小物・小道具が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。 アミューズメント専用景品(クレーンゲーム)2012年 5月 24日取得 クレーンゲームで「star wars ダース・モール フィギュアクロック」をゲット。普通のフィギュアだと思っていたら、台座が時計になっていた。また、 … そして戦いから数年後、ダース・ザナーはルーサンへと戻り、傷ついた従兄弟との最後の決戦に臨んだが、その結果は歴史に残されていない。 シス卿となったザナーは、マスター・ベインから与えられたクリスタルをパワー源とする、独自の赤い2本の光刃の ライトセイバー を使っていた。 /* jsw */ google_ad_client = "pub-1926095632427637"; /* jojo */ 配送料無料. /* jojo */ //-->, この項目ではダース・モールの宇宙船について記述しています。他の用法についてはシミターをご覧ください。, <シミター>、またの名をシス・インフィルトレーターは、ヤヴィンの戦いの32年前、ナブー侵略の際にシス・アプレンティス、ダース・モールの専用宇宙船として使用された試作型ステルス船である。, 邪悪なシスたちは、長い歴史にわたって自らの壮大な目的を達成するために、奇妙な実験的テクノロジーを利用し続けてきた。彼らはシス・インフィルトレーターとして知られる一連の恐ろしい宇宙戦闘機を愛用していたが、その特筆すべき能力は、目に見えなくなることである。ナブーの戦いのおよそ6ヶ月前、ダース・シディアスは来るべきジェダイとの戦いに備えていた弟子ダース・モールに、1機の素晴らしい性能を持った戦闘機を与えた。そして、モールはこの宇宙船を<シミター>と名付け、これをアミダラ女王に対する冷酷な追跡劇に使用したのだった。, ダース・モールのシス・インフィルトレーターの起源は謎に包まれている。だが、彼の死後、この戦闘機を押収して調査した旧共和国当局は、この船がレイス・シーナーおよびシーナー・デザイン・システムズ社における彼の実験施設と何らかの関係を持っていると信じていた。事実、SDS社のアドヴァンスト・プロジェクト研究所は、ナブーの戦いの直前にインフィルトレーターと極めてよく似た武装宇宙船を製造していたのだ。レイスはこの宇宙船との関係を一切否定していたが、<シミター>の曲型翼と球形コクピットが後にシーナー社のTIEファイター・シリーズに流用されているのも事実である。また、インフィルトレーターのイオン・ドライブも、後にシーナー社の船で使用される製品のプロトタイプだったことが判明しており、ハイパードライブにいたっては同社のSSDS 11-Aシステムを無加工で使用しているのだ。, インフィルトレーターの歴史は闇に消え去ったかもしれないが、それが残した遺産ははっきりとしている。この船は旧共和国がこれまでに遭遇した中で、最も複雑かつ不気味なものだった。<シミター>の不吉な評判はクローキング装置に起因していたが、これがインフィルトレーターほどの大きさの宇宙船に搭載されているのは極めて稀なことだった。このクローキング装置のエネルギー源は機体後方に設置された高価なスタイジアム・クリスタルだが、このクリスタルはアウター・リムの不安定な惑星エイテンIIでしか採掘されない貴重な物質である。このクローキング装置によって、ダース・モールは従来から存在するあらゆるセンサーに感知されることなく、銀河系のどこへでも移動することができたのだ。, 共和国の技術者たちによる解析が進むにつれて、この船は不愉快な驚きの宝庫であると認識されていった。例えば、隠されていた6基のレーザー・キャノンは、伸張すると同時に一瞬にして数発の光弾を発砲することができた。また、船内に入った最初の技術者が保安用のプローブ・ドロイドによって射殺されてしまったため、彼らは安全な船内探査を行うべく、ジェダイ・マスター、セイシー・ティンの力を借りなければならなかった。マスター・ティンは船内で広範囲におよぶシスの邪悪な装備品を数十個発見し、その中には監視ギヤ、爆弾、地雷、毒、拷問器具、尋問ドロイド等も含まれていた。さらに、船内の小型車庫にはモールのスピーダー・バイク<ブラッドフィン>も置かれていたが、不運にもこの宇宙船に搭載されたコンピューターは完全にデータが削除されており、ダース・モールやシスに関する新たな手掛かりは何一つとして発見されなかったのである。, その後、ティンはインフィルトレーターをジェダイ評議会の手で厳重に保管するべきだと主張したが、クワッティの元老院議員がこの戦闘機を研究したいと働きかけ、一時的にクワット・ドライブ・ヤード社の施設に移されることが決定された。しかし、インフィルトレーターは搬送される前にシードの秘密の格納庫から忽然と姿を消してしまう。ダース・シディアスの密使によって盗まれたのか、あるいはレイス・シーナーや他のライバル企業の手に渡ったのか、それとも安全な場所に隠すため秘密裏にジェダイによって持ち去られたのか、事実はすべて謎に包まれていた。しかし、<シミター>はパルパティーンが銀河帝国の皇帝として君臨している間、常に彼の管理下にあった。また、クローン大戦中にはダース・ティラナスが所有していたとも言われている。, , http://www.starwars.jp/wiki/index.php?title=ダース・モールの隠れ家&oldid=11841. ヤヴィンの戦いの32年前から20年前までのあるとき、ダース・モールは惑星 ロソ・マイナーへと向 … ダースモールのダブルブレードライトセーバーのおもちゃです。 単3電池4本でライトが付きます(柄から先端に光るようなエフェクトなどはありません) 音は鳴りません。 最大1.5mほどになり … google_ad_client = "pub-1926095632427637"; ダース・モールがダース・シディアスの弟子であった時代、シスは絶滅したと長く考えられていた。だがついに、ジェダイへの復讐譚が語られる時が来た! これは怒りの物語――憎むべきジェダイとの最初の戦いの火蓋が切って落とされる! ダース・モールは映画『エピソー … google_ad_width = 728; 1/10 artfx+ ダース・モール star wars コトブキヤ sw68 ロボット・特撮を通販で販売しています。 提供: スター・ウォーズの鉄人! この項目ではダース・モールの宇宙船について記述しています。他の用法についてはシミターをご覧ください。 Scimitar; 別名または別表記; 別名 Sith Infiltrator 製造に関する情報; 製造元 リパブリック・シーナー・システムズ社. コトブキヤ スター・ウォーズ ARTFX+ ダース・モール 1/10スケール PVC簡易組立キット. , ダース・モールの隠れ家は、惑星ロソ・マイナーの地下深くに位置する洞窟である。ヤヴィンの戦いのおよそ20年前、サヴァージ・オプレスは兄を探すため、この場所を訪れた。, ヤヴィンの戦いの32年前から20年前までのあるとき、ダース・モールは惑星ロソ・マイナーへと向かい、そこを棲家とした。隠遁生活を送っていたモールは精神を狂わせ、地元の伝説となったのである。一方、ドゥークー伯爵とアサージ・ヴェントレスの両者に裏切られた後、サヴァージ・オプレスはマザー・タルジンから受け取ったタリスマンと、この惑星に住んでいたアナコンダンのモーレイを使ってこの隠れ家を探し出した。この洞窟は非常に不快な状態であり、廃品や霧で満ちあふれていた。モールはトンネルの最深部に潜んでおり、大きな部屋の中の巨大な炎の脇で暮らしていたのだ。モールはモーレイによって連れてこられたジャンカーや他の生物たちを食料とし、その見返りとして「食べ残し」を彼に与えていたのである。オプレスもモーレイによって裏切られた後、洞窟へと落とされ、モールの棲家を発見したのだった。だが、オプレスの残骸を探しにきたモーレイは、ナイトブラザーによって絞殺され、その死体も炎の中に投げ込まれてしまった。その後、オプレスはモールがジェダイによって足を奪われたことを知り、タルジンによる癒しを受けさせるため、兄と共にダソミアへ帰還したのである。, , http://www.starwars.jp/wiki/index.php?title=<シミター>&oldid=4310. 通过爱买网在Yahoo! /* jsw */ google_ad_client = "ca-pub-1926095632427637"; google_ad_height = 600; 5つ星のうち4.5 35. 型式 重改良型スター・ … 歴史. 『スター・ウォーズ』 【スタチュー】 スパイダー・ダース・モール (完成品) star wars ホットトイズ、ジェントル・ジャイアント 606104 ロボット・特撮を通販で販売しています。 なりきりマスク ダースモールほかホビー, コスプレ・仮装, コスプレ小物・小道具が勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。 アミューズメント専用景品(クレーンゲーム)2012年 5月 24日取得 クレーンゲームで「star wars ダース・モール フィギュアクロック」をゲット。普通のフィギュアだと思っていたら、台座が時計になっていた。また、 … そして戦いから数年後、ダース・ザナーはルーサンへと戻り、傷ついた従兄弟との最後の決戦に臨んだが、その結果は歴史に残されていない。 シス卿となったザナーは、マスター・ベインから与えられたクリスタルをパワー源とする、独自の赤い2本の光刃の ライトセイバー を使っていた。 /* jsw */ google_ad_client = "pub-1926095632427637"; /* jojo */ 配送料無料. /* jojo */ //-->, この項目ではダース・モールの宇宙船について記述しています。他の用法についてはシミターをご覧ください。, <シミター>、またの名をシス・インフィルトレーターは、ヤヴィンの戦いの32年前、ナブー侵略の際にシス・アプレンティス、ダース・モールの専用宇宙船として使用された試作型ステルス船である。, 邪悪なシスたちは、長い歴史にわたって自らの壮大な目的を達成するために、奇妙な実験的テクノロジーを利用し続けてきた。彼らはシス・インフィルトレーターとして知られる一連の恐ろしい宇宙戦闘機を愛用していたが、その特筆すべき能力は、目に見えなくなることである。ナブーの戦いのおよそ6ヶ月前、ダース・シディアスは来るべきジェダイとの戦いに備えていた弟子ダース・モールに、1機の素晴らしい性能を持った戦闘機を与えた。そして、モールはこの宇宙船を<シミター>と名付け、これをアミダラ女王に対する冷酷な追跡劇に使用したのだった。, ダース・モールのシス・インフィルトレーターの起源は謎に包まれている。だが、彼の死後、この戦闘機を押収して調査した旧共和国当局は、この船がレイス・シーナーおよびシーナー・デザイン・システムズ社における彼の実験施設と何らかの関係を持っていると信じていた。事実、SDS社のアドヴァンスト・プロジェクト研究所は、ナブーの戦いの直前にインフィルトレーターと極めてよく似た武装宇宙船を製造していたのだ。レイスはこの宇宙船との関係を一切否定していたが、<シミター>の曲型翼と球形コクピットが後にシーナー社のTIEファイター・シリーズに流用されているのも事実である。また、インフィルトレーターのイオン・ドライブも、後にシーナー社の船で使用される製品のプロトタイプだったことが判明しており、ハイパードライブにいたっては同社のSSDS 11-Aシステムを無加工で使用しているのだ。, インフィルトレーターの歴史は闇に消え去ったかもしれないが、それが残した遺産ははっきりとしている。この船は旧共和国がこれまでに遭遇した中で、最も複雑かつ不気味なものだった。<シミター>の不吉な評判はクローキング装置に起因していたが、これがインフィルトレーターほどの大きさの宇宙船に搭載されているのは極めて稀なことだった。このクローキング装置のエネルギー源は機体後方に設置された高価なスタイジアム・クリスタルだが、このクリスタルはアウター・リムの不安定な惑星エイテンIIでしか採掘されない貴重な物質である。このクローキング装置によって、ダース・モールは従来から存在するあらゆるセンサーに感知されることなく、銀河系のどこへでも移動することができたのだ。, 共和国の技術者たちによる解析が進むにつれて、この船は不愉快な驚きの宝庫であると認識されていった。例えば、隠されていた6基のレーザー・キャノンは、伸張すると同時に一瞬にして数発の光弾を発砲することができた。また、船内に入った最初の技術者が保安用のプローブ・ドロイドによって射殺されてしまったため、彼らは安全な船内探査を行うべく、ジェダイ・マスター、セイシー・ティンの力を借りなければならなかった。マスター・ティンは船内で広範囲におよぶシスの邪悪な装備品を数十個発見し、その中には監視ギヤ、爆弾、地雷、毒、拷問器具、尋問ドロイド等も含まれていた。さらに、船内の小型車庫にはモールのスピーダー・バイク<ブラッドフィン>も置かれていたが、不運にもこの宇宙船に搭載されたコンピューターは完全にデータが削除されており、ダース・モールやシスに関する新たな手掛かりは何一つとして発見されなかったのである。, その後、ティンはインフィルトレーターをジェダイ評議会の手で厳重に保管するべきだと主張したが、クワッティの元老院議員がこの戦闘機を研究したいと働きかけ、一時的にクワット・ドライブ・ヤード社の施設に移されることが決定された。しかし、インフィルトレーターは搬送される前にシードの秘密の格納庫から忽然と姿を消してしまう。ダース・シディアスの密使によって盗まれたのか、あるいはレイス・シーナーや他のライバル企業の手に渡ったのか、それとも安全な場所に隠すため秘密裏にジェダイによって持ち去られたのか、事実はすべて謎に包まれていた。しかし、<シミター>はパルパティーンが銀河帝国の皇帝として君臨している間、常に彼の管理下にあった。また、クローン大戦中にはダース・ティラナスが所有していたとも言われている。, , http://www.starwars.jp/wiki/index.php?title=ダース・モールの隠れ家&oldid=11841. ヤヴィンの戦いの32年前から20年前までのあるとき、ダース・モールは惑星 ロソ・マイナーへと向 … ダースモールのダブルブレードライトセーバーのおもちゃです。 単3電池4本でライトが付きます(柄から先端に光るようなエフェクトなどはありません) 音は鳴りません。 最大1.5mほどになり … google_ad_client = "pub-1926095632427637"; ダース・モールがダース・シディアスの弟子であった時代、シスは絶滅したと長く考えられていた。だがついに、ジェダイへの復讐譚が語られる時が来た! これは怒りの物語――憎むべきジェダイとの最初の戦いの火蓋が切って落とされる! ダース・モールは映画『エピソー … google_ad_width = 728; 1/10 artfx+ ダース・モール star wars コトブキヤ sw68 ロボット・特撮を通販で販売しています。 提供: スター・ウォーズの鉄人! この項目ではダース・モールの宇宙船について記述しています。他の用法についてはシミターをご覧ください。 Scimitar; 別名または別表記; 別名 Sith Infiltrator 製造に関する情報; 製造元 リパブリック・シーナー・システムズ社. コトブキヤ スター・ウォーズ ARTFX+ ダース・モール 1/10スケール PVC簡易組立キット. , ダース・モールの隠れ家は、惑星ロソ・マイナーの地下深くに位置する洞窟である。ヤヴィンの戦いのおよそ20年前、サヴァージ・オプレスは兄を探すため、この場所を訪れた。, ヤヴィンの戦いの32年前から20年前までのあるとき、ダース・モールは惑星ロソ・マイナーへと向かい、そこを棲家とした。隠遁生活を送っていたモールは精神を狂わせ、地元の伝説となったのである。一方、ドゥークー伯爵とアサージ・ヴェントレスの両者に裏切られた後、サヴァージ・オプレスはマザー・タルジンから受け取ったタリスマンと、この惑星に住んでいたアナコンダンのモーレイを使ってこの隠れ家を探し出した。この洞窟は非常に不快な状態であり、廃品や霧で満ちあふれていた。モールはトンネルの最深部に潜んでおり、大きな部屋の中の巨大な炎の脇で暮らしていたのだ。モールはモーレイによって連れてこられたジャンカーや他の生物たちを食料とし、その見返りとして「食べ残し」を彼に与えていたのである。オプレスもモーレイによって裏切られた後、洞窟へと落とされ、モールの棲家を発見したのだった。だが、オプレスの残骸を探しにきたモーレイは、ナイトブラザーによって絞殺され、その死体も炎の中に投げ込まれてしまった。その後、オプレスはモールがジェダイによって足を奪われたことを知り、タルジンによる癒しを受けさせるため、兄と共にダソミアへ帰還したのである。,