シャトー ドワジー ヴェドリーヌ, ラーメン屋台 リヤカー 値段, 高橋優 ユアノンファミリア ログイン, 目玉焼き 残り アレンジ, ヒプマイ グッズ 5th, 三菱ufj銀行 Atm 引き出し限度額, ノーファンデ アラフォー ブログ, 近畿大学 入学金 期限, " /> シャトー ドワジー ヴェドリーヌ, ラーメン屋台 リヤカー 値段, 高橋優 ユアノンファミリア ログイン, 目玉焼き 残り アレンジ, ヒプマイ グッズ 5th, 三菱ufj銀行 Atm 引き出し限度額, ノーファンデ アラフォー ブログ, 近畿大学 入学金 期限, " />
"SIGUE EL RADAR DE LA SUSTENTABILIDAD"

Search

(icono) No Borrar
Imprimir Imprimir

ディアハンター ニック なぜ

ニックさんというのは、「ゴッドファザー2」で、以下の投稿をした「マイケル」さん? ********************** 名前:マイケル 投稿日:2011/11/07 22:31:00 われらが誇る九州の旗艦劇場、天神東宝は本気です。 座席数52を誇る最小の2番劇場で、堂々一日3回上映! チ … ディア・ハンターにおける長年の謎がすっきり解けて嬉しく思いました。 それと同時に、ディア・ハンターという作品は変わらないままだけれども、この謎を解くために自分は30年という年月を要した、という事実に感慨深いものがありました。 ディア・ハンターの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全60件。評価3.9。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 『ディア・ハンター』(The Deer Hunter)は、1978年公開のアメリカ映画。製作はユニバーサル映画、監督はマイケル・チミノ。 脚本はデリック・ウォッシュバーン。 主演はロバート・デ・ニーロ。 第51回アカデミー賞並びに第44回ニューヨーク映画批評家協会賞作品賞受賞作品。 映画のタイトル「ディア(deer)・ハンター」はニックという親友(dear)をハンティングしなければならないマイケルのことを意味しています。 「シェーン」で牡鹿にライフルでねらいをさだめたジョーイ少年が何かに気づいてライフルを下げるシーンがあるでしょう。 ディアハンター ディアハンター(1978年) 監督:マイケル・チミノ 主演:ロバート・デ・ニーロ ジョン・カザール クリストファー・ウォーケン メリル・ストリープ =感想= この映画を見てて、戦争について違った視点で、改めて考えさせられた。 セメラは最近イザリエル回りを怪しいシーリンがうろついているという話をしてくれた。怪しいシーリンは一体誰なのか?なぜイザリエルをつきまとっているのか? ディア・ハンター 1978年 アメリカ 監督 マイケル・チミノ 出演 ロバート・デ・ニーロ クリストファー・ウォーケン ジョン・サヴェージ ジョン・カザール メリル・ストリーブ . その光景に私の胸は打ち砕かれ、いまだに頭から離れません。なぜなら、映画の世界ではなく現実で起きてしまったことだからです。 権力者が公の場で他者をばかにしようとする衝動に身をゆだねてしまえば、あらゆる人たちの生活に波及します。人々に同じことをしてもいいと、許可を与え� Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 久しぶりにマイケル・チミノ監督がベトナム戦争を描いた映画「ディア・ハンター」を観ました。 主演は名優ロバート・デ・ニーロですね。 1978年の作品。 アカデミー作品賞、監督賞、助演男優賞、音響賞、編集賞を獲得してマイケル・チミノの名を世に知らしめた問題作です。 映画『ディア・ハンター』(1978年)でロバート・デ・ニーロが演じたのは、ペンシルバニア州ピッツバーグの鉄工所で働くロシア系移民のマイケル。徴兵されたマイケルは、同じ街に住む友人、ニック、 … だが、なぜ、『ロシアン・ルーレット』なのか? そこには、正義も、人類愛もない。 ... ディアハンターを永遠の名作にたらしめたのが、スタンリー・マイヤーズ作曲の『カヴァティーナ』。 ジョン・ウィリアムスのベストアルバムに収録されているせいか、「ジョン・ウィリアムスのカヴァ� 『ディア・ハンター』(The Deer Hunter)は、1978年公開のアメリカ映画。製作はユニバーサル映画、監督はマイケル・チミノ。 脚本はデリック・ウォッシュバーン。 主演はロバート・デ・ニーロ。 第51回アカデミー賞並びに第44回ニューヨーク映画批評家協会賞作品賞受賞作品。 ・ベトナム戦争の名画『ディア・ハンター』を40年ぶりに観た。 ・新生ベトナムの宿敵アメリカへの接近は歴史の皮肉。 ・トランプ大統領の「アメリカ第一主義」が支持される理由がわかった。 【注:この記事には複数の写真が含まれています。 3時間の大作です. とっておきの青春(番外)『ディア・ハンター』で書いた「マイケルが座るときすかさずパンツを敷いてやるという、古女房ニックを目撃することが出来ます。」というのは間違いだった。パンツに腰を下ろしたのはニック本人。マイケルの持ち物には上着を掛けてあげていた。 出来立てほやほやの吉祥寺アップリンク で、ディア・ハンターのデジタルリマスター版見てきた。私が小中学生ぐらいの頃には、よくテレビの洋画劇場とかでやってて何度も観たはずなのに、自分が子供だったからよくわかってなかった部分が結構たくさんあったんだなーと思う。 ロバート・デ・ニーロとクリストファー・ウォーケンが出演している傑作ディアハンター(1978)! ディアハンターは、若者が青春を謳歌するシーンが長く、全体としても3時間と長い。戦争のシーンが少ないなど、色々型破りな部分が多いが、中でも注目するべきはロシアンルーレットだろう。 オレが一番よく映画を観てた時は高校生のころ。特に「ベトナム戦争」と「ギャング」ものにハマっており、友人は「バリバリ伝説」と「あぶ刑事」に対し、「プラトーン」と「アンタッチャブル」ばかり観てた。まあ、ぶっちゃけ、オレはひねくれたガキだったわけだ。 評判のよい「ディア・ハンター」を観たのですが、口あんぐりの連続でした。これってトンデモ映画じゃないですか?1.捕虜にロシアン・ルーレットやらせて賭ける兵士なんてありえない。2.川の上に捕虜収容所作りますか?丸見えなんです 『ディアハンター』といえば、ロシアンルーレット。 ロシアンルーレットといえば『ディアハンター』。 というくらい、強烈な印象を与えた1978年の名作だ。 私は長い間、『親愛なるハンター』= Dear Hunter だと思っていた。 ちゃうちゃう。 Deer Hunter = 鹿狩りを趣味とする若者たちの物語である。 実際にベトナム戦争で捕虜がロシアン・ルーレットを強要されたという事実はなく、あくまで映画の演出だが、それでも史実と錯覚するほどの臨場感で、いまだこれに勝る狂気は存在しないほど。 ロバ… ディア・ハンターにおける長年の謎がすっきり解けて嬉しく思いました。 それと同時に、ディア・ハンターという作品は変わらないままだけれども、この謎を解くために自分は30年という年月を要した、という事実に感慨深いものがありました。 ディア・ハンター(1979年3月17日公開)の映画情報、予告編を紹介。ロバート・デ・ニーロ主演、ベトナム戦争での男の友情と死を描く人間ドラマ 出来立てほやほやの吉祥寺アップリンク で、ディア・ハンターのデジタルリマスター版見てきた。私が小中学生ぐらいの頃には、よくテレビの洋画劇場とかでやってて何度も観たはずなのに、自分が子供だったからよくわかってなかった部分が結構たくさんあったんだなーと思う。 オレが一番よく映画を観てた時は高校生のころ。特に「ベトナム戦争」と「ギャング」ものにハマっており、友人は「バリバリ伝説」と「あぶ刑事」に対し、「プラトーン」と「アンタッチャブル」ばかり観てた。まあ、ぶっちゃけ、オレはひねくれたガキだったわけだ。 この映画のタイトルはなぜ「ディア・ハンター」なのでしょうか。鹿とニックをだぶらせているのでしょうか。後半の逃げない鹿の佇まい、ロシアンルーレットを続けるニックから、お互い死を覚悟したもの同士とでも解釈したらいいのでしょうか。 ロバート・デ・ニーロとクリストファー・ウォーケンが出演している傑作ディアハンター(1978)!, ディアハンターは、若者が青春を謳歌するシーンが長く、全体としても3時間と長い。戦争のシーンが少ないなど、色々型破りな部分が多いが、中でも注目するべきはロシアンルーレットだろう。, ディアハンターの考察をしながら、ロシアンルーレットの重要性について解説して結論を出してみたので読んでほしい。, →動画サイトで数ヶ月間完全に無料(タダ)でアニメ・ドラマ・映画を視聴するお得な裏技の案内記事←2021年最新情報!, いきなり夜道で真っ裸になったり、いろんな面で少し神経質に見えたりと、元から少しおかしかったマイケル(ロバート・デ・ニーロ)が、戦争後も大きなショックを受けながらも、普通の生活に戻れたのに対し、気立てがよく誰からも好かれそうなニック(クリストファー・ウォーケン)が、ベトナムに残り、精神崩壊し、廃人当然になってしまう。, 戦争後、変人は実生活に復帰し、いわゆる“いい奴”は廃人になってしまう。これは非常に興味深いし、とても恐ろしいことでもある。, 現実でも、第二次世界大戦や、ベトナム戦争、イラク戦争で、多くの民間人が兵士として志願して戦場へ行く。そのあとで、精神に支障をきたさず、普通の生活に戻れた人は、ちょっと変な人だった可能性もあるのではないか。, もちろん、生き残った人を責めているつもりは毛頭ないが、戦争がある度に、人の感情を読めたり、共感できる“よい人”たちの割合は、どんどん少なくなっている可能性がある。, ディアハンターが、他の戦争映画と一線を画していると感じる理由は、ロシアンルーレットだ。, 激しい戦闘の後で、さらにロシアンルーレットをやらなければいけないと考えたら、それだけで気が狂いそうになる。もともと、不条理な戦争に、さらにロシアンルーレットを足したところが、ディアハンターの革新的な部分だろう。スリルは100点満点だ!, 実際のベトナム戦争中、ベトナムでロシアンルーレット賭博が流行っていたという記録は見つけられなかった。戦争でも死者がたくさんいるのに、さらに死体が積み上げられるロシアンルーレットをするのは非常にバカげているし、そんなことは無かったと思いたい。, もともと、ディアハンターはラスベガスでロシアンルーレットをするという脚本だったものが、ベトナム戦争という設定が後から付け加えられた。, マイケルやニックたちロシア系移民が、ロシアンルーレットをするというのが、大元のストーリーとしてあったのだ。, ディアハンターは反戦映画なのか?それとも友情の映画なのか?どちらの側面が強いのか混乱してしまうが、設定を付け加えたことにより、戦争と友情というテーマが重なっているようで、重ってないという面白い構造を持つことになった。傑作たるゆえんも、この二重性あるのだと考えられるのではないか。, 戦争によるPTSD(精神的トラウマ)もしっかり描かれている点では反戦映画だが、ベトナム戦争そのものについて深く描かず、マイケルとニックのロシアンルーレットに重点を描いていることについては、友情や関係性の移り変わりが主になっている側面が強い。, ストーリー中盤、ベトナム側に捕虜に取られ、ロシアンルーレットをさせられるマイケルとニック。, マイケルが銃に弾を3つ詰め、ロシアンルーレットを行い、隙をついてベトナム兵を射殺して二人は逃げ出すのだが、このとき、ニックの中で決定的に何かが壊れてしまったようにみえる。, その後、ニックにとってロシアンルーレットは、生きている実感と、兄貴分のマイケルとの繋がりが得られる、唯一の手段となったのだろう。, 最後にマイケルと勝負し、何かを思い出しかけたニックは、そのまま引き金を弾いて死んでしまう。クリストファー・ウォーケンはこの鬼気迫る演技で、アカデミー賞助演男優賞を獲得した。, マイケルについても、ニックを救う唯一の手段が、彼を殺してしまうかもしれないロシアンルーレットだった(2回とも)ということで、これまたニックと同じように、相反する状況になっている。, ディアハンターにとって、ロシアンルーレットは、登場人物に相反する葛藤をさせるための最高の手段だったのである。, ディアハンターでちょっと疑問に思ったのが、ニックはロシアンルーレットをやりながら、2年間ずっと生存していたということ。, ロシアンルーレットの胴元になっていたのならともかく、プレイヤーとして生き延びるのは、確率がめちゃくちゃ低くなるので、不自然な気もする。, ニックは現地で伝説的なプレイヤーになっていたようだが、ロシアンルーレットは100%運のゲームであるし、ずっと勝ち続けるのは無理だろう。, この辺から、ディアハンターが現実的に戦争を描いているという側面が弱くなってきたように感じる(それがまた、この映画を特別なものにしてくれているのだが)。, 戦争と友情というテーマの2重構造と、ロシアンルーレットによる感情の相反性が、傑作かつ個性的な要因になっているとわかっていただけただろう!, 現状のハリウッドでは、3時間を超える個性的な名作が生まれる余地は少ないかもしれないが、それでもディアハンターに影響を受けた作品は数多く誕生している。, 『ディアハンター』ロシアンルーレットの重要性解説!あらすじネタバレ考察/デ・ニーロとウォーケンの傑作, 動画サイトで数ヶ月間完全に無料(タダ)でアニメ・ドラマ・映画を視聴するお得な裏技の案内記事, 戦争がある度に、人の感情を読めたり、共感できる“よい人”たちの割合は、どんどん少なくなっている可能性がある。, TENET(テネット)驚きの事実を解説・考察/あらすじネタバレ!黒幕,セイター,ニール徹底深掘り!登…, U-NEXTのおすすめ映画ランキング101本一挙紹介!全ジャンルカバー!見放題作品多め!, ゲーム・オブ・スローンズ【相関図+全登場人物解説!】死亡シーン・キャラ別ストーリー,生存者,キャスト…, ウォーキング・デッド【キャラクターちょい役リスト全シーズン】死亡シーン,キャスト,ドラマ内ストーリー, Netflix『悪霊狩猟団:カウンターズ』ネタバレ感想!爽快な霊能力バトルアクション!, Netflix『オハナ』ハワイの冒険がショボすぎ?ネタバレ感想,あらすじ解説・考察, Netflix『ウィンクスサーガ:宿命』全話ネタバレ感想!ブルームのヤバい正体を解説, おすすめ動画無料トライアル比較!アニメ・映画・ドラマを何ヶ月もタダで見る裏技!各VOD基本情報・人気作品リスト, 超神作『愛の不時着』【全16話の内容ネタバレまとめ】各話あらすじ解説でストーリー完全網羅!, なぜ酷評!?『ミッドナイト・スカイ』ネタバレ考察/魂の超傑作の感想,宗教からの解説, ストレイト・ストーリー徹底解説・考察!マルホランド・ドライブとの関係!あらすじネタバレ, グッバイ、リチャード!ジョニデの猫みたいな終活の解説と酷評!あらすじネタバレ考察・感想/人物相関図. 公開当時、ロシアンルーレットのシーンがかなり話題になりました. 評判のよい「ディア・ハンター」を観たのですが、 口あんぐりの連続でした。 これってトンデモ映画じゃないですか? 1.捕虜にロシアン・ルーレットやらせて賭ける兵士なんてありえない。 2.川の上に捕虜収ITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。 ディア・ハンターThe Deer Hunter2009年11月3日 DVDにて(1978年:アメリカ:176分:監督 マイケル・チミノ) 最初に、もう、懺悔します。ごめんなさいっ!!!!こんな名作映 「ディア・ハンター The Deer Hunter」 1978年 - マイケル・チミノ Michael Cimino - <思い出深い映画> 新聞社主催の試写会の券が当たり、生まれて初めて試写会で見た映画であると同時に、19歳で大学に入ったばかりという微妙な時期に見たことで、僕にとって忘れられない映画の一本になりました。 『ディア・ハンター』をユジク阿佐ヶ谷で観賞。4Kリストア版のはずでしたが設備の都合上2Kだそうです。やはりか。, ベトナム戦争に赴いて心に傷を負った3人の若者の生と死を描いたM・チミノ渾身の一作。彼らの故郷であるペンシルヴァニアの田舎町を描いた淡々としたタッチが、一転、戦場では苛酷なまでの描写に切り替わり、よりいっそう戦争の悲惨さを訴えかける。中でも“ロシアン・ルーレット”の迫真性はただ事ではなく、それが再び繰り返されるクライマックスにはどうしようもないやりきれなさが漂う。アカデミー作品・監督・助演男優・音響・編集賞を受賞。, 主人公のマイケル役をロバート・デ・ニーロ、その親友ニックをクリストファー・ウォーケン、そしてニックの恋人のリンダはメリル・ストリープ。, この作品、観ている時の気分(ロシアン・ルーレットのシーン以外ねw)・観終わった後にこみあげてくる気分に何か格別なものがあって、とても好きな作品なんですが、同時に、いびつさが際立った作品だなという印象も。かなりツッコミどころも多いと思います。, そんなわけで、『ラストタンゴ・イン・パリ』に続いて今回も違和感から入ってみることにします。, 最初に来る違和感は、冒頭からスティーヴン(ジョン・サヴェージ)の結婚披露宴の一夜のシーンまでの長さ!!たっぷり1時間はあります。, 183分もある長い映画と言っても、その3分の1! 結婚式は導入部にすぎないと思っていたこともあり、結構面喰らいました。, ただ、最後まで観終わって気づかされるのは、結婚式のシーンでほぼ全編の展開が予告されていること。, 出征するスティーヴンの身に不幸が襲うこと、ニックが故郷を離れた場所で死ぬこと、健康体で帰還できたマイケルも戦争で心に傷を負うこと、マイケルのセクシュアリティやマイケルとニックとリンダの複雑な関係まで!, と言うんですが、彼ら全員がこの町で過ごした最後の夜にこの作品の全てが集約されているという意味では、この映画の全てもこの町にあるのかもしれません。, そしてこの彼らのホームタウンへの強い思いをしっかりと印象付ける構成が、本作の溢れるような情感・余韻の源泉にもなっています。, ここまで長くても間が持つのは、この結婚式がマイケルとニック、そしてスティーヴンが出征する前の最後の週末の出来事だから。, 右も左も笑顔ばかりのハメをはずしたバカ騒ぎか続く中で、もしかしたらもう二度と会えない人間がいるかもしれないことを皆知っているけれど、誰もそれを顔には出しません。, 壁に貼られたひと際大きな(きっと戦死した)同胞たちの肖像が、皆が言えない言葉を無言で物語っています。, 彼らがロシア系移民のコミュニティーの人々だということも、結婚式で明らかになる重要な要素。彼らは、こんなふうに同胞が集まる機会にはロシア民謡を歌い踊り、ウォッカを飲んで、思い切りロシア人に戻ります。, 多分この町のロシア移民たちがこの国で恵まれた状況にはないことは、リンダの父親のすさみ方にも仄めかされています。実際、冷戦中はロシア系移民は肩身の狭い思いをしたんでしょうね。, そんなロシア移民が、アメリカの正義のためにベトナム戦争に徴兵され、ソ連と戦う。その虚しさはこの作品の中でベトナム戦争そのものの虚しさにつながっていきます。, これ以降のシーンは相当観念的な作りになっていて、リアリティーを言い出せばツッコミどころはかなりあります。, そもそも、ベトナムの戦場でのシーンの大半がロシアン・ルーレットで占められている、これはどうしたって違和感があります。, ベトナム兵が捕虜にロシアン・ルーレットを強要する描写になっているんですが、実際にこういう行為が行われたとは報告されていないということで、相当厳しい批判を浴びたようですね。, これについてはIMDbに面白い情報が投稿されていて、もともとこの映画はラスベガスにロシアン・ルーレットをやりに行くという話だったものを、プロデューサーの提案でベトナム戦争を絡めることにしたんだとか。, 監督のマイケル・チミノ曰く、この映画はベトナム戦争について描いているのではなく、(ロシアン・ルーレットのような)緊迫した状況における人間の耐性について描いたものだそうです。, スタート地点では反戦がメインの作品じゃなかったということは、この作品を観る上での大きなヒントにもなりそうです。, ただ、後付けで戦争を絡めてもあながち当初のテーマを歪めてはいないと思うのは、大義なき戦争は、兵士の立場から見ればまさにロシアン・ルーレットのようなものだから。, 「国のため」という大義名分が冠されるか、それとも「金のための無駄死に」と呼ばれるかの違い。突き詰めればそれだけです。, 国家の中の報われないマイノリティであることを強く意識していたニックは、虚無感の中で後者を選んだし、マイケルは死を賭して自分自身と向き合った、スティーヴンは恐怖のために精神崩壊しかけたことで重傷を負うことに・・・, でも、マイケルのニックへの想いがこの作品の軸になっているということは、今では多くの方がご存知だと思います。, 例えば、ジョン・カザール演じるスタンリーが狩りに靴を忘れてきた時、予備の靴を持っているくせに絶対に貸さないと言い張るマイケル。, 仲間たちは何故マイケルがそこまで頑ななのか不思議がるんですが、あそこでスタンリーはマイケルに「おまえゲイだろう!」と言ってるんですよね。, スタンリーもみんなも単に冗談のつもりが、実はマイケルは本気で怒っていた。図星だから怒ったんです。, 鹿撃ちは、男だけで泊りがけで出かける、同性の仲間とのホモソーシャルな関係性を強める遊び。マイケルは特に鹿撃ちが好きで、現地ではニックだけを連れて行動します。, マイケルにとっては、鹿を撃つことはニックと共に過ごす時間、しかも「鹿を撃つ」という行為自体にシンボリックな寓意があります。, だから、ニックがいなくなった時、マイケルにとって鹿を撃つ意味はなくなってしまったんじゃないでしょうか?, もうひとつ、戦争で修羅場を見て、あたら生き物の命を奪う狩猟に嫌気がさしたということもあるでしょう。, この映画のタイトルが何故『ディア・ハンター』なのか、納得がいく解釈にはいまだに辿り着けていませんが、少なくともこの映画の中では、鹿撃ちには2つの意味がある気がします。, 例えば私が記事にしている中では『ベンヤメンタ学院』とかドラマ版『ハンニバル』とか・・・, マイケルとリンダとニックの関係は、まさに『明日に向かって撃て!』のブッチとキッドとエッタの関係。『戦慄の絆』の双子と女優の関係とも同じです。, またまた結婚式の夜に戻りますが、出征を控えたあの夜、マイケルはニックと踊りたかった。でも、ニックはマイケルを自分の恋人のリンダと踊らせます。マイケルはニックとリンダの関係を知っているくせに、リンダに気のあるそぶりを見せる。, リンダは2人のもの・・・少なくともマイケルは、リンダの向こうにニックを見ています。, このあたりまさに『明日に向かって撃て!』と同じ。マイケルとニックはリンダを介在してつながっているんです。, ただしリンダはそういう微妙なポジションに置かれていることに気づいていないし、彼女は純粋にニックを愛し、彼との結婚を夢見ています。ニックも、この時点では自分の行動に関して無自覚です。, 当初予定していた内容に反戦という要素が加わったということもあってか、かなりいびつなプロットに見える本作。, あまり生きてないシーンも・・・例えば、スティーヴンが子持ちのアンジェラと結婚することになった経緯など、気になるけれど説明されずに終わるモチーフもあります。(ちなみにこの件についてマイケル・チミノは「アンジェラの子供の父親はニックだ」と言ったとか言わなかったとか), しかも、この映画には全体像の中でアンバランスとも思えるほど突出して観念的な描写に走ったシーンがあるんですよね。, ここはもうリアリティーを超越していますね。マイケル・チミノが思い描く究極の純愛じゃないかと。, 生か死かを分かつのは確率だけという極限状況で、こめかみに当てた銃の引き金を引く寸前、マイケルはついに長年言えなかった一言を口にします。, 70年代にここまで突き抜けた男と男の純愛ストーリー、他にあるでしょうか? 或る意味あれは、2人のセックス・シーンにも等しい・・・というかまさにそれでしょう。, 後からいろんな雑味が加わって、ベトナム兵絡みのシーンでは随分非難を浴びたようですが、ベトナム云々は実はマイケル・チミノが描きたかったものではなかった。彼が一番見せたかったのは、ここじゃないんでしょうか?, ただ、結局のところこの作品が映画史に残る名作になったのは、男と男の純愛ストーリーだからではなくて、戦争をはじめいろんな要素が加わった末に生まれた、何とも言えない悲しみと虚しさに満ちた複雑な情感ゆえなんでしょうね。, クリストファー・ウォーケンは何度もゲイ役を演じている人で、間違いなくハマリ役。一方、デ・ニーロは直感的にゲイには見えない。ニックがマイケルに唾を吐くシーンでウォーケンが本気出してしまい、デ・ニーロが激怒したという話も・・・この2人、相性も悪そうです。, その辺で2人の愛にいまひとつリアリティーが付加されなかったのが残念な反面、ゲイ映画として見たらミスキャストとしか思えないデ・ニーロが主演だったからこそ一般ウケしたのかも・・・という気もします。, マイケルと付き合い始めたのに、職場のスーパーのバックヤードで棚卸しながら何故か泣いているリンダ。, そういう、後々になってふっと思い出して胸が詰まるようなシーンがたくさんある映画でもありますね。, 時間が経つにつれて自分の思い出と混じり合っていきそうな、あの絶えず煙を噴き上げ続ける工場がランドマークのすすけた町が、いつしか自分の故郷のように思えてきそうな。, 恐ろしく嘘くさいストーリーなのに、魂が宿っている。凄いパワーを感じさせる作品です。, 冒頭からスティーヴン(ジョン・サヴェージ)の結婚披露宴の一夜のシーンまでの長さ!!, この映画はベトナム戦争について描いているのではなく、(ロシアン・ルーレットのような)緊迫した状況における人間の耐性について描いたもの. ニックとリンダは、恋人同士だった。 しかし実はマイケルもリンダを慕っていたのだと、漸く気づいた。 リンダに惚れていたからこそ、マイケルは結婚式の前(スティーブンの結婚式)、その後の披露パーティーでリンダに対し、あの様な態度・行動をとったのだと、改めて理解した。 「ディア・ハンター The Deer Hunter」 1978年 - マイケル・チミノ Michael Cimino - <思い出深い映画> 新聞社主催の試写会の券が当たり、生まれて初めて試写会で見た映画であると同時に、19歳で大学に入ったばかりという微妙な時期に見たことで、僕にとって忘れられない映画の一本になりました。 評判のよい「ディア・ハンター」を観たのですが、口あんぐりの連続でした。これってトンデモ映画じゃないですか?1.捕虜にロシアン・ルーレットやらせて賭ける兵士なんてありえない。2.川の上に捕虜収容所作りますか?丸見えなんです そもそも本作の題名は、なぜ「ディア・ハンター(原題:The Deer Hunter)」なのか。1979年の初鑑賞に当たって、私はベトナム戦争を何らかの形でテーマ化する映画のタイトルが「ディア・ハンター」であることを、半ば興味深く、半ば不思議に思った。 米ゴールデン・グローブ賞の授賞式で1月8日、女優のメリル・ストリープさんが行ったスピーチが話題になっています。お時間のある方は動画をご覧ください。以下、一部を引用します。それは、この国で最も尊敬される席に座りたがっている人が、障害を持つ記者 『カヴァティーナ Cavatina』は、映画「ディア・ハンター」のテーマとして使われ、多くの人の心を虜にしたクラシックギターの名曲です。 「え?そうなの?」っていう若い人もきっと多いでしょうね。 際立 同性愛を抜きにして『ディア・ハンター』は語れない はーまたそれですか、と苦笑いされてる方も多いかもしれません。 でも、マイケルのニックへの想いがこの作品の軸になっているということは、今では多くの方がご存知だと思います。 映画『ディア・ハンター』(1978年)でロバート・デ・ニーロが演じたのは、ペンシルバニア州ピッツバーグの鉄工所で働くロシア系移民のマイケル。徴兵されたマイケルは、同じ街に住む友人、ニック、 … マイケル(デ・ニーロ)、ニック(ウォーケン)、スティーブン(サベージ)はピッツバーグで働く仲間だった。平和な日々は、彼らがベトナムに出征したことによって打ち壊される。ベトコンの捕虜になった彼らはなんとか脱出を試みる。しかし、ニックはひとりベトナムに残るのであった。 ドラマ 1979 2時間56分. ロバート・デ・ニーロ, クリストファー・ウォーケン, ジョン・サヴェージ, ジョン・カザール, メリル・ストリープ, マイケル・チミノ 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。 ディアハンターでちょっと疑問に思ったのが、 ニックはロシアンルーレットをやりながら、2年間ずっと生存していたということ。 ロシアンルーレット の胴元になっていたのならともかく、プレイヤーとして生き延びるのは、確率がめちゃくちゃ低くなるので、不自然な気もする。 そんな彼らにベトナム戦争の影が迫っていた。徴兵されたマイケル、ニック、スティーヴンの壮行会が、スティーヴンの結婚式もかねて行われ、ニック… サインイン ディア・ハンター. また、『ディア・ハンター』は父がやたらと好きだったもので何となく避けており・・・あるでしょ、そういうこと。思春期につまらない理由でそっぽ向いて、そのまま機会を失ってしまうこと。最近、たまたま目にして鑑賞したのですが。 超いい映画だった~! 当時の社会情勢が反映された� うつになってまる3年、自分を慰めてくれた、本や音楽などを紹介したいと思っています。本サイトはAMAZONを利用したアフィリエイトサイトです。 ディア・ハンターの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全60件。評価3.9。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 『カヴァティーナ Cavatina』は、映画「ディア・ハンター」のテーマとして使われ、多くの人の心を虜にしたクラシックギターの名曲です。 「え?そうなの?」っていう若い人もきっと多いでしょうね。 際立

シャトー ドワジー ヴェドリーヌ, ラーメン屋台 リヤカー 値段, 高橋優 ユアノンファミリア ログイン, 目玉焼き 残り アレンジ, ヒプマイ グッズ 5th, 三菱ufj銀行 Atm 引き出し限度額, ノーファンデ アラフォー ブログ, 近畿大学 入学金 期限,